平成28年度「福島県への継続文化支援活動・人形浄瑠璃芝居 川俣町公演」は満員御礼にて終了いたしました。たくさんの方々のご来場心より感謝申し上げます。

今年度の締めくくりである「福島県への継続文化支援活動・人形浄瑠璃芝居 川俣町公演」が無事に終了いたしました。あしり座の皆さんはこの3月、復興庁の『心の復興事業』の一環として富岡町、三春町、二本松市など福島県内の公共施設や復興住宅などで人形浄瑠璃のワークショップと公演を行ってくださいました。会場によっては、前もって配布される入場整理券が完売するなど、この人形浄瑠璃公演を心から楽しみにしている様子がうかがいしれました。

川俣町中央公民館と福島市こむこむでは9月から全7回で行ってきたワークショップの発表会も行われるということで毎回、緊張と熱気あふれる稽古が行われました。今年で2年目の受講生は継続する事でより深く人形浄瑠璃の楽しさに触れ、さらに遣い手としての魅力に引き込まれた、と感想を話してくれました。

また、この人形浄瑠璃公演を町民の皆さんがとても楽しみにしている様子を感じ、さらにワークショップの成果を発揮できたことはとてもうれしく思います。
あしり座さんからは、

『東日本大震災から6年が経過しましたが、まだ解決できないことも多く根深い問題も多い被災地の状況。私たちにできることは本当に些細なことでしかありませんが「福島を忘れない」を合言葉に笑顔を届ける活動を続けていきたいと思っています。』

というメッセージをいただきました。メッセージに込められた強い思いを感じながら楽しい時間を共有できたことに心から感謝しお礼申し上げます。

                            平成29年3月31日

~ふれあーとinかわまた~練習の様子

3月24日(金)本番を明日に控えたこの日は舞台での立ち稽古になりました。昨年に引き続き二年目のワークショップ参加者さんは余裕のある表情にも見えます。発表会で上演する「傾城阿波の鳴門」は台本を何度も読みこみ、自主的にあしり座公演のDVD鑑賞をするなど少しでも上手な遣い手になりたいと稽古に励んできました。また、型については「人形の自然で優雅な動きには日頃の自分自身の美しい身のこなしが大事」ということを常に意識しながらの稽古となりました。明日は10時30分から川俣町中央公民館で発表します。入場料無料、ぜひ応援に来てください。

28年度人形浄瑠璃ワークショップ~ふれあーとinかわまた~

 

いよいよ28年度人形浄瑠璃ワークショップ「ふれアートinかわまた」が始まりました。昼間は川俣町の「絹蔵」にてふれアートの宣伝とミニワークショップを行いました。ちょうど居合わせた川俣町のお父さんたちも、人形遣いを体験...会場は楽しい笑い声に包まれました。

そして、夜のワークショップは川俣町公民館を中心に全8回となり3月には発表会を迎えます。この機会に「人形浄瑠璃に触れてみたい」「人形遣いをやってみたい」など興味を持たれた方は是非この機会にご参加ください。すべての練習に参加できないという方はご相談ください。ワークショップには、札幌あしり座の優しいお姉さまたち((o^―^o)ニコ)そして、八王子より車人形芝居の西川古柳師匠が来て指導してくださいます。

この日は、基本となる「型」の稽古。そして、主遣いにも挑戦しました。皆様のご参加お待ちしております。

お知らせ

 

平成28年度をもって閉会しました。たくさんの方々に支えていただいたことに心より感謝申し上げます。

2016人形浄瑠璃ワークショップ「ふれアートinかわまた」と人形浄瑠璃川俣町公演は終了しました。

28年度人形浄瑠璃ワークショップ「ふれアートinかわまた」と人形浄瑠璃川俣町公演はすべて終了しました。

当日、会場に足を運んでくださったたくさんの皆様、本当にありがとうございました。

 

 

29年度より北海道野菜の定期便購入は他団体へ移行しました。

第44回目   

北海道野菜定期便3月27日(月)に終了しました。29年度は他団体に移行し会員限定の完全予約制で継続致します。

会員でないけれど是非、購入の様子や野菜の鮮度を確認したい方は問い合わせフォームより、住所、名前、連絡先(メールと電話番号)見学希望と送信してください。折り返しご連絡を差し上げます。

主催/北海道〜福島【野菜便】プロジェクト